Digital Transformation

DX支援事業

  1. HOME
  2. 事業紹介
  3. DX支援事業
  4. DXを推進していくためのフェーズ

DXを推進していくためのフェーズ

方向性の決定

DX推進ガイドラインでは、「データとデジタル技術の活用によって、どの事業分野でどのような新たな価値を生み出すことを目指すか、そのために、どのようなビジネスモデルを構築すべきかについての経営戦略やビジョンを提示する」とあります。新たな価値とは、新ビジネスだけでなく、即時性やコスト削減などでも構いません。

プラスビリーフでは、多くの企業のDX推進を手がけているコンサルタントが、お客様と一緒に新たな価値やビジネスモデルを考え、方向性をご提案します。必要があれば、勉強会やセミナーの実施にも対応します。デジタル化は、特にリテール業界で遅れが目立ちますので最優先に取り組んでいきたいと考えています。

デジタル化の整備

DXはデジタル化が大前提となります。そこで課題となるのが旧来のシステムです。多くの基幹システムが老朽化しており、しかも構築した当時の技術者は定年退職してしまっています。このため、システムをいじりたくても手が出せないというケースも増えています。これが、いわゆる「2025年の壁」と呼ばれるものです。

プラスビリーフでは、クラウドで利用できる柔軟性、拡張性の高い基幹システム「CORE」をはじめ、社内システム、外部システムなどとの連携ソリューション、さらにはデータウェアハウス(DWH)など、デジタル化に必要なソリューションを多数ご提供しています。

データを分析し価値を創造する

デジタル化によりデータの蓄積が可能になったら、データを様々な角度から分析します。ここで最初に決定した方向性にかざし、有効な分析結果が得られたらAIでさらに分析します。そこからDXの目的である価値を生み出すことができるのです。また、その過程で革新が起きやすい企業体質や企業文化に変化していくことでしょう。

プラスビリーフとの“共創”で実現できること

プラスビリーフとの“共創”で実現できること

プラスビリーフでは、効果的に分析するためのデータ抽出、変換、格納を行う仕組みや、最適な分析手法、さらには分析結果から“勝ちパターン”を見つける手法など、多彩なツールやコンサルティングをご提供しています。

プラスビリーフにご相談いただくことで、DX推進の最初から最後まで、お客様とともに進めていく“共創”でお手伝いします。これにより、お客様は従来のビジネスをより強くでき、同時に人的な余裕が生まれることで新たな戦略、新たなビジネスを創り出し、企業を変革するDXの実現を推進することができるでしょう。

プラスビリーフへのお問い合わせ

コンサルティングからシステムまで。
お客様がDXを推進するためのソリューションサービスでお手伝いします。

PAGE TOP